IDDMいろいろ
1型DMとバセドウ病の持病を持つ管理人のブログ
カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

dreamj1

管理人:dreamj1
プロフィール画像は
朝焼けをバックに撮影した京都タワー〔京都市〕です。
(2008/09/15撮影)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お買物は・・・

RSSフィード

月別アーカイブ(機能停止中)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び食後の血糖値を測定しました
昨日は再び食後の血糖値も測定しました。その結果は・・・

〔血糖値の推移とインスリン注射量〕
2005/10/28 就寝前   : 305 ランタス10単位+ヒューマログ2単位(臨時打ち)
2005/10/29 朝食前   : 244 ヒューマログ13単位+ランタス8単位
        2時間後  : 303
        昼食前   : 150 ヒューマログ9単位
        2時間後  : 166
5.5時間後(夕食前1時間) :  61 (低血糖症状)
        夕食前   : 189 ヒューマログ16単位
        2時間後  : 212
        就寝前   : (血糖測定も注射もせず睡眠)
2005/10/30 朝食前   : 272 ヒューマログ13単位+ランタス16単位

〔簡単な解説〕
10/29の運動は、
昼食後30分~2時間後まで外出しました。(自転車で約10分のショッピングセンターまで)
昼食2時間後の血糖値を測定後に再び外出して約1時間軽くサイクリングしました。(息があがらない程度に)
10/28の就寝前に追加打ちをしましたが効果は少しだけ。
朝食2時間後の血糖値が高いので、朝食前のヒューマログを増やす必要があるかなと思っています。(但し朝食前が高い時だけに限った方がいいかな)
10/29の就寝前、ランタスも打たずに寝てしまいましたので、今朝(10/30)の朝食前血糖値が上がっています。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

昔の用具(1) ノボペン2
私が初めてインスリン注射をしたときの注射器が「ノボペン2」です。
1本目が駄目になって、2本目も「ノボペン2」でした。2本目の「ノボペン2」は1本目と違いマイナーチェンジされていました。

こちらの画像は1本目、私にとっては初代「ノボペン2」です。
ケース
ケース


本体
本体


ふたを開けた状態
ふたを開けた状態


ケース内部
ケースの内部


当時は注射器ケースも使用していたので、外のシールや文字が消えかかっています。
注射器の設定は1回2~36単位で2単位刻みで、耐用年数は1年!
注射方法は空打ちの後に注射量を単位設定し、「単位合わせ」右側のつまみを手前に90度回して「注射」に合わせます。ボタンを押せば注射終了です。

初代「ノボペン2」はカートリッジを支えるプラスチックが割れて、2本目(マイナーチェンジ版「ノボペン2」)に交換となりました。
続きを読む
インスリン用注射針がグッドデザイン大賞を受賞
ネットを見ていたら、「インスリン用注射針がグッドデザイン大賞を受賞」とあった。
(グッドデザイン賞のサイトはhttp://www.g-mark.org/)

大賞を受賞した商品はテルモの「ナノパス33」(33G)という商品です。
私は見たことも使用したこともありません。
私が使用している針は、昔が「ペンニードル」、最近はずっと「マイクロファインプラス」(31G)です。33Gも使ってみたいなとは思いますが、ランタス用の注射器「オプチクリック」は「マイクロファインプラス」が必須となっているので・・・当分の間は無いかな。(他の針でも使えるでしょうが、いろいろある注射器なので・・・)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

昨日の血糖値推移
昨日は食後の血糖値も測定しました。その結果は・・・

〔血糖値の推移とインスリン注射量〕
2005/10/23 就寝前  : 106 ランタス10単位
2005/10/24 朝食前  : 254 ヒューマログ13単位+ランタス8単位
        2時間後 : 390 ヒューマログ3単位(臨時打ち)
        昼食前  :  99 ヒューマログ10単位
        3時間後 : 117
        夕食前  : 162 ヒューマログ16単位
        就寝前  : 258 ランタス10単位
2005/10/25 朝食前  : 250 ヒューマログ13単位+ランタス8単位
        昼食前  : 146 ヒューマログ9単位

〔簡単な解説〕
10/24はあまり動いていません。(運動療法はなしと言っていい感じです。)
10/23夜~24朝にかけての上昇は、低血糖予防の為に寝る前に補食した為です。(追加打ちなし) 106では絶対低血糖起こすし、その前に眠れません。
10/24の朝食2時間後に急上昇しているのは、朝食のパンにジャムをつけたからです。(普段はご飯又は麺類が多いのですが、たまたまパンでした。) そのため高くなりすぎ、追加打ちの必要が生じました。昼食と夕食はいつも通りといったところです。
昼食後の測定が1時間遅くなってしまっていますが、ご愛嬌という事で・・・

*********************************************
私はもともと食後に跳ね上がるタイプで、次の食事前にはしっかり下がる事が多いです。
食後を下げる為にはヒューマログを増やせばいいのですが、ベースのランタスを減らさないと低血糖頻発になるでしょう。
ランタス1回打ちの時には14単位まで下げた事もありますが・・・
もうちょっと様子を見る事にします。
来月の定期検診までに、もう一度食後の血糖値を測る日を作るつもりです。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

今日は「7検」するつもりでした
今日は簡易自己血糖測定器で「7検」するつもりでした。でも、「6検」になってしまいました。
「7検」とは、食前,就寝前の血糖値以外に食後2時間の血糖値もチェックする事です。

昔、インスリンを2回打ちから4回打ちに変えるため(3回目の)入院した時、毎日4回,週に1回は「7検」していた事を思い出します。しかも簡易自己測定機ではなく、注射器での採血。
詳しい事はそのうち、「昔の話」として書くつもりです。

今日の結果と分析については、明日の記事で書こうと思います。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

昔の話(5) ついに・・・2回目の入院、そしてインスリン注射開始
昔の話(5) 1990/10/19~1990/11/7 ついに・・・2回目の入院、そしてインスリン注射開始

1990/10/18の定期検診で尿中にケトン体が出ており、「食事療法だけでコントロールするのは無理になったのでインスリン注射をした方が良い」と言われ、2回目の入院する事になりました。
1990年4月には44kgあった体重も39kg台までダウンしていました。入院して毎食前に血糖値を測定するように言われました。

そして1990/10/23からインスリン注射を始めました。「ノボペン2」をもらって使い方を看護士(当時は看護婦)さんから習い、注射を始めました。最初は怖くて躊躇した事を覚えています。ちなみにインスリン製剤は「ペンフィル30R」、注射部位は腹部に皮下脂肪が全く無かった事から左右の太ももにしました。

インスリン注射を始めてから1週間、学校に行き始めるとインスリンの注射量が変わるだろうという事で、学校に1日だけ試験的に登校しました。
今だから話しますが、外出許可をもらった時に菓子パン4個くらい食べて高血糖になり点滴を打ってもらいました。(その時の血糖値は「600」ぐらいだった。) それだけ食事療法にストレスを感じていたということです。

試験登校した1週間後に退院となりました。退院時の注射量は「ペンフィル30R」を朝食前が24単位、夕食前は14単位となりました。
久々にアイスクリーム
相変わらず、私の血糖値は不安定です。

〔昨夜からの血糖値の推移とインスリン量〕
就寝前    : 154  ランタス10単位
2時間30分後 : 57  食べ過ぎでヒューマログ2単位臨時打ち
朝食前    : 315  ヒューマログ13単位+ランタス8単位
昼食前    :  62  ヒューマログ10単位 (低血糖症状)
1時間後   : ???  ヒューマログ臨時打ち2単位
夕食前    : 176  ヒューマログ16単位

〔簡単な解説〕
昨日はいつもより少し動いたので、就寝後に低血糖が発生。
朝食前は、深夜の低血糖時に食べたものが臨時打ちではカバーできず、高め。
さらに昼食が定期検診の為に約1時間30分遅れたので、またもや低血糖。昼食と一緒にデザートも食べました。
デザートはこちら↓
カロリーコントロールアイス

今日、病院の売店で久しぶりに買ってきたグリコの「カロリーコントロールアイス」です。
このアイスは1個80kcalで、5種類の味があります。
私は他の1型DMの方のブログでこのアイスクリームを今年の春に知ったのですが、夏は家に持って帰るだけで溶けそうなので敬遠していました。

食べた感想は久しぶりなのでもちろん「おいし~い。」 でも、やっぱり追加打ちは必要だった。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

定期検診
今日は5週間ぶりに定期検診に行ってきました。

先月受けた血液検査の結果を聞くと、HbA1cは先月より+0.2%で8.2%になっていました。(2005/09/15に書いたように予想通りでした。)
今回は前半の血糖コントロールが悪く、後半はランタス2回打ちによってコントロールが少し改善したので、来月の予想は「変わらない」としておきます。
HbA1cの値が下がってくるとしても、再来月の診察の時に聞く結果からかな。

ランタス2回打ちについて主治医は、「改善しているから続行していいよ。」との事でした。ちなみにヒューマログの単位数はランタスが22単位の時より8単位ぐらい増加しています。

今日、病院へ行って驚いた事が2つありました。
1つ目は10月から電子カルテになった事です。(既存のカルテも併用するそうですが・・・)
2つ目は病院の玄関横に「ドトールコーヒー」ができていました。(すぐ奥には食堂もあるのに・・・) 私の通院先の病院は、キャンパス内にお酒が飲める場所がある大学の医学部付属病院ですから、びっくりする事ではないか。

診察後にはいつもと同じ内容で血液検査を受けました。コレステロール関係と血漿血糖・HbA1cで計2本、8ml採血されました。(結果は来月聞きます。)
続きを読む
ブラックコーヒーも侮れないよ
今週に入って私の住む土地でも、過ごしやすくて心地よい気候から朝晩は「冷たい」と感じるような気候になってきました。特に、昨日と今日は昼間も北風が強くて・・・体感温度は寒い!

気候の話は置いといて、
このように寒くなってくると、温かい飲み物をつい飲みたくなります。
私はコーヒーが大好きなのですが(でも、インスタント)、DMなので低血糖の時を除いて基本的に砂糖とミルクは入れません。(15年以上の習慣)

ブラックコーヒーはカロリーがありませんが、空腹に飲むと血糖値が上がる事があります。今日の昼前、のどが渇いたのでブラックコーヒーを1杯。
30分後、昼食前の血糖値を測定したら「260」でした。
(飲む前の血糖値は測っていないけれど・・・ 今日の朝食前の血糖値は「166」で朝食の内容も体の動かし方もいつもとさほど変わらない。)

すきっ腹にコーヒーやお茶を飲むと、あまり良くないんですよね。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

昔の話(4) 膵臓からのインスリン分泌量が減っていく・・・
昔の話(4) 1990/1~1990/9 膵臓からのインスリン分泌量が減っていく・・・

退院時に、外来に2~3週間に1回来る事、朝食前に自己血糖測定器による血糖測定と簡易試験紙による尿糖検査をする事、3月までは学校の体育を休むように言われました。食事を減らした結果、退院後1ヶ月位は朝食前の血糖値は90台を続ける事が、尿糖にも異常がありませんでした。

病院には月に1~2回ぐらい学校を早退して行っていました。しかし、3月ぐらいから朝食前の血糖値は110前後になっていました。欲求に絶えられなくなって徐々に食事量が多くなり、わずかにあったインスリンの自己分泌も無くなっていったみたいです。

4月には中学3年になり、主治医も女性のM先生から男性のO先生に変わりました。中高一貫校に通っていたので高校受験はありませんから気楽なものでした。
朝食前の血糖値は7月には130前後でしたが、9月には200前後になってしまい食事制限をする事が出来なくなり、体がだるくて体育も見学するようになりました。そしてこの状態で修学旅行にも行き、ますます悪化させました。食事制限がストレスになっていったのでそれもコントロールを崩す原因になったかもしれません。
ランタス2回打ちを始めて約10日
ランタスの2回打ちを始めて約10日になった。
以前より血糖コントロールがましになった『感じ』がする。食前血糖値は100台が圧倒的に多くなった。まあ130~170ぐらいが多いけれど・・・
低血糖はランタスを2回打ちに切り替えた当初に3回ほどあったが、最近はヒューマログの単位数をやや減らしたので無くなった。夜中もランタスを10単位まで減らしたので無い。

2005年10月15日現在のインスリン注射単位数
朝食前 : ヒューマログ13単位+ランタス8単位
昼食前 : ヒューマログ10単位
夕食前 : ヒューマログ15単位
就寝前 : ランタス10単位

来週は定期検診があるので、主治医に何と言われるだろうか?
血液検査は検診後に受ける事がほとんどなので、HbA1cが下がっても喜べるのは来月中旬以降です。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

リンク(2) 管理人のサイト
管理人が作成する他のサイトです。
・「dreamj1のひとりごと
   管理人の日記ブログです。日々の出来事やニュースについて時々書いています。
   京都を中心とした風景写真も時々upしています。

*主にバスや鉄道を扱っている管理人の趣味のホームページへは、上にリンクした管理人の日記ブログからリンクしています。

(2005/12/20改変)

定期検診は先延ばし
今日は、本当は定期検診の日でした。
でも昨日の予定が約1週間ほど前に入ったので、診療予約を変更しました。

私の主治医の外来は1週間に1回だけ。自動的に1週間先延ばしとなりました。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

歩いたのに・・・
今日はまたお出かけ。母と日帰りで金沢まで行ってきました。
ということで昼食、夕食共に外食でした。

金沢市内を観光し、1日で約18000歩程歩いたのですが、ぜんぜん血糖値に反映された感じがしませんでした。
昼食前は通常より+1単位、夕食前は通常より+3単位して、就寝前「176」でした。
原因は2食の外食か? 血糖測定していないから、原因追求は出来ないけれど・・・

外出先で、トイレの個室まで行って血糖測定する気は私には起きません。インスリン注射はしなければ困るので機会をみて行ないますけれど。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

運動の効果?
昨日(2005/10/10)は大阪へ出かけていました。
昼食は外食となったので、とりあえず通常+1単位の11単位を注射。
でも「ちょっと食べ過ぎたかな?」と思い、中津~淀屋橋(土地勘のない方、ごめんなさい・・・)まで地下鉄2駅分を約30分かけてと歩きました。(約3000歩)

でも、電車の中は熟睡。その後お茶も飲んだので、「これは高いな」と思い、血糖測定せずにさらに2単位追加。結局13単位も打ってしまいました。
夕食後、就寝前の血糖値は150~200の間でまあまあ。(私は決して優良患者じゃないので・・・)

日付が変わって・・・今日。
朝食前の血糖値が「245」だったのに、昼食前は「50」(低血糖症状はもちろんあり)
いつもと同じ注射量で、同じような食事量でたいして動いていないのに・・・今頃、昨日の30分歩いた影響が出ている模様。
ランタス2回打ち実験 4日目
ランタスを2回打ちにして4日目です。1回打ちの時より食事前の血糖値が良いかなと思っている。(食後2時間の血糖値は調べていないけれど・・・)

〔今日の血糖値とインスリン注射量〕
就寝前(昨日) 196  ランタス10単位
朝食前     136  ヒューマログ12単位+ランタス8単位
昼食前      77  ヒューマログ10単位
夕食前     175  ヒューマログ16単位
就寝前     134  ランタス10単位

〔簡単な解説〕
午前中、自転車を使用して外出しました。
夕食がカレーライスだったので通常より+2単位になっています。
私の命と同じくらい大切なかばん
「私の命と同じくらい大切な物」などと大げさなタイトルをつけましたが、実際は「私の命を延長しているもの」と言ったらよいでしょうか?
この鞄は10年くらい使っていますが、まだまだ丈夫です。

鞄
かばんの外観


この鞄に入っているものが無かったら私は生命の危険にさらされます。(なんと大げさな、でも事実。)

メインポケット
後ろ側のメインのポケットの中身


詳しい中身は・・・
続きを読む
ランタス2回打ち実験 初日
昨晩(2005/10/05)の血糖値が100台だったのでランタスの2回打ちを試験的にしてみることにした。

〔血糖値の推移とインスリン注射量〕
就寝前(昨日) 166 ランタス10単位
朝食前     247 ヒューマログ12単位とランタス8単位(基本量の残り)
昼食前     207 ヒューマログ10単位
16時頃      75 (低血糖症状)+ヒューマログ3単位(臨時打ち:1時間後)
夕食前      93 ヒューマログ15単位
就寝前     176 ランタスを10単位

〔簡単な解説〕
朝の血糖値が高いけれど、就寝中はランタスが10単位しか効いていないので仕方ないだろう。
夕方の低血糖は午前中にいつもより動いたから。シュークリームを6個食べてやっと回復。(←はっきりいって食べすぎ) 食べ過ぎたと感じたのでヒューマログを臨時打ちした。
夕食はちょっとカロリーオーバー気味だったので基本+2単位のつもりでしたが、臨時打ちが効いている感じがしたので+1単位にしました。
就寝前が100台だったので実験を続行します。(1~2週間は続けるつもりです。)
昔の話(3) 1回目の入院
昔の話(3) 1990/1/13~1990/1/19 1回目の入院

「食事療法だけで様子を見る」と入院を保留していたのですが、やっぱり「教育入院だけはしておいたほうが良い」という事になり、学校が始まっていたので1週間だけ入院する事になりました。

入院して病院内のオリエンテーションが終わると、早速自己血糖測定機「グルコスター」の使い方を教わりました。この時点では膵臓からまだインスリンの分泌が少しあったので、薬物療法(インスリン注射)はしませんでした。(この為、自己測定機の費用(約3万円)は健康保険が効かず自己負担でした。)

入院したのですが、検査の無い日には普通に学校に通いました。検査の無い日の入院生活は、朝病院で起きると家に向かい(自転車で約10分)、朝食を家で食べて中学校へ向かいます。(路線バスで約40分) 昼は母が作ったお弁当を食べて、夕方家に寄った後、病院へ帰ってきて夕食を食べました。そして夜はビデオや資料を見て糖尿病の勉強をするという生活が1週間続きました。朝食と昼食が病院の食事でなかったのは、退院後を考えての事でした。

本気で考える必要がありそう
昨日(2005/10/03)の関連話になります。
その前に昨日の結果を・・・
布団に入ってしばらく経ったAM1:40頃に「86」まで下がり、低血糖症状が出現。やっぱりね。

そこで検討する必要があるかなと思ったのが、他の1型DMの人のブログを見て知ったランタスの2回打ちです。

私は運動をする(連続20分以上くらい歩く)と血糖値の上下の変動幅が広がるので、就寝前のランタスを低血糖症状が出ない単位数まで減らして、減らした単位数を朝食前か昼食前に打つ事をしてみようかなと。
本当は主治医に許可をもらうべきだと思うけれど、定期検診まで2週間以上あるので、勝手にやってみようかな。主治医に話したら「入院して決めよう」と言われるかもしれないので、事後承諾で。
間食するべきか?
今日の就寝前の血糖値は「181」でした。

このブログを書きながら、間食するべきか考え中。

「糖尿病」といえば、厳しい食事制限と思う人が大半かと思いますが、それは2型DM(糖尿病)のはなし。(このあたりは以前似たような事を書きました。)
1型DMは炭水化物やたんぱく質,脂質などバランスがよければ、厳しい食事制限はしません。(←言い切っていいのか? 少なくとも私はそうである。) 理由は、1型DM患者の病気になる原因の多くが免疫異常で、膵臓からインスリンが分泌されず外から注射で補っているので、食事量に見合う注射量にすればいいからです。

それで今夜の血糖値の話に戻るのですが、私の場合この数字だと夜中に低血糖が起こるかどうか際どい値なのです。間食して超速効型のインスリンを2~3単位打っても下がらない時もあれば、下がる時もあります。
前にも書きましたが、できるだけ朝の血糖値は低い方が1日快適に過ごせるので。病歴が長くても毎回悩みます。

本当に人間の身体は不思議だーー。
続きを読む
気分が滅入るよ~
今日は朝から血糖値が高めでウロウロ。
朝食前は「195」で何とか私にとっての許容範囲内の200以下でしたが、昼食前・夕食前・就寝前は250~350の間で行ったり来たり状態。

間食していないし、食事量も問題ないはずなのに・・・
ただ、運動は夕食後の入浴だけだったので。

DMの人なら血糖値が高いとへこむ事がある人も多いでしょうけれど、私の性格は気分屋で浮き沈みが激しいのでなおさらです。でも、この事でストレスをためると血糖値はますます下がらなくなるので気をつけないと・・・といった所です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。