IDDMいろいろ
1型DMとバセドウ病の持病を持つ管理人のブログ
カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

dreamj1

管理人:dreamj1
プロフィール画像は
朝焼けをバックに撮影した京都タワー〔京都市〕です。
(2008/09/15撮影)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お買物は・・・

RSSフィード

月別アーカイブ(機能停止中)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ランタスオプチクリック300」の液漏れ(2)
2005/11/28の記事に補足します。

どこかのDM患者さんのブログかホームページで、『「ランタス」のカートリッジの先のゴム栓の膜が1重で、ノボやリリーのカートリッジの2重とは違って弱い』と書いてあったのを読んだ事があります。
また現在、アベンティスファーマのホームページに掲載されている注意文書にも、「ゴム栓の材質を改良する」趣旨の事が書かれています。

ということでちょっと検証してみましょう。

私の場合、ランタス1回打ちの時は気になるほどの問題は無かったです。
2回打ちになってから、カートリッジを使い切る頃になると微妙な感じになっていました。

ランタス1回打ちの時、
1日に使用する単位数は 18単位+空打ち1単位=19単位 で
300単位(1本のカートリッジ)/19単位=15.7・・・(日) となり、
1本のカートリッジを使い切るのに注射針を15回刺している事になります。

ランタス2回打ちになってからは、
1日に使用する単位数は (10単位+空打ち1単位)+(8単位+空打ち1単位)=20単位 で
300単位(1本のカートリッジ)/20単位=15(日) となり、
1本のカートリッジを使い切るのに注射針を15+14=29回刺している事になります。
(装着後最初の空打ちは1単位である事はほとんど無いので。)

途中で書いたように私の場合はカートリッジの最後の方で液漏れしました。
ということは、
現在の「ランタスオプチクリック300」のゴム栓の耐久性は25回程度ということか?

私のランタス注射量はDM患者でも多い方だと思いますから、1回の注射量が少なければあまり使わないうちに液漏れが始まるということ?
ただ、これはあくまでも液漏れの原因がゴム栓だとしたらのことですが・・・


あらら~、結構遅い時間になってしまった。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

「ランタスオプチクリック300」の液漏れ
私は基礎インスリンとして、昨年の3月から「ランタスカート300」、今年の9月から「ランタスオプチクリック300」を使用しているのですが、「ランタスオプチクリック300」に変わってから初めて液漏れのカートリッジが現われました。

私の場合はカートリッジ先端の注射針を刺すゴム栓から液漏れします。同様の方法で「ヒューマログキット」も注射していますが、「ヒューマログキット」ではこの症状が起こった事がありません。
ちなみに、8月に新しい注射器「オプチクリック」の説明を聞いた時に「以前「ランタスカート300」で(上に書いた様な)液漏れが発生した事がある」と看護師さんに言ったら「注射針の装着方法が悪いのよ」と一蹴されています。

「ランタスオプチクリック300」になってからは、約3ヶ月無かったのですがとうとう起こりました。(今までよく起こらなかったものです。)
販売元の「アベンティスファーマ」のホームページにも注意文書のPDFが出ていますが、つまり注射器が変わっても直っていないということですね?
懲りない会社だね、まったく・・・

オプチコールに電話する気は全くありません。そんな話が一杯寄せられているから、注意文書が出るのですから。
ただ私の「アベンティスファーマ」という会社に対する不信感が大きくなるだけです!!


*記事の一部について補足しました。(2005/11/30 12:46)

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

気持ちを新たにしました
今日の記事はあまりDMには関係がないです。


今日、私の母(60歳台)の知人Aさん(80歳台)の告別式があり、母は出かけていきました。

母から聞いたところによると、Aさんの直接の死因は「脳ヘルニア」だったそうですが、脳梗塞による出血?がもともとの原因だったそうです。(私は医療関係者ではないので、よくわからないのですが・・・)
私も10年以上前に1度だけ会った事があるのですが、Aさんは肥満体型で心臓に持病があったそうです。

母は11/24朝にそのAさんとAさんの姪と会う約束があったのですが、Aさんの姪としか約束時間に会えなかったので、Aさんの姪が一人暮らししている叔母さん(Aさん)の家へいったら、倒れていたそうです。その時は呼吸していたそうですが、翌朝亡くなられました。

この一連の話を聞いて私が思った事は次の2点です。

一つは「老人の一人暮らしはこういう危険性をはらんでいるんだな」ということです。今後さらに高齢化社会が進むと上のような話はもっと増えるのではないかと思います。

もう一つは糖尿病の合併症の一つに「心筋梗塞」というのがあるので、改めて「合併症を起こさないように気をつけないと」ということです。
今までの私の血糖コントロールは決して良い方ではないし、もしかしたら私の血管も既に危なかったりして・・・

追加打ちはできるだけやめたい
最近頻繁に追加打ちしている気がします。血糖値はわりとうまくコントロールできているのですが・・・

でも追加打ちのやりすぎは体重増加につながり、しいてはインスリンが効きにくくなるので気にしています。

ちなみに、私の追加打ちは長年の勘(今まで頭の中に蓄積されたおおよそのデータ)でインスリンの注射量を決めています。
ですから、時々間食とインスリンの注射量が合わない時があります。
注射量が少なすぎて自分が思っていた以上に血糖値が上がった時は食べずにもう1回「追加打ち」をして対処するのですが、逆に注射量が多すぎて血糖値が上がらず低血糖になり再び間食して追加打ちするという悪循環に陥る事も・・・

私の場合は低血糖になると間食がなかなか止まらず食べ過ぎる事が多いので、たいてい追加打ちしています。矛盾していると自分でも思っていますが・・・
追加打ちする回数を減らすには間食と低血糖の回数を減らすのが一番か。


*********************************************************
ちなみに「追加打ち」とは・・・
通常の食事時間以外に何か間食する時に食べる量に応じて超速効型インスリン(私の場合はヒューマログ)を追加打ちをします。
健常な人ならば、膵臓が自然にインスリンを分泌してくれるわけですが、膵臓の機能が壊れている私の場合にはインスリン注射で補っています。

「追加打ち」は高血糖状態が続いた時に起こる合併症を防ぐ為にしています。
私が主治医からおおっぴらに「追加打ちしていいよ」と言われたのは4年前かな。でも実際には、主治医に黙っていましたが言われる3年ぐらい前からしていました。特に就寝前の血糖値が高い時に速攻型インスリンを1~2単位打って、朝食前の血糖値を下げようとしていました。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

相性が悪い
今使用している注射針「マイクロファインプラス(31G)」とインスリン注射器「ヒューマログキット」の相性がよくない。

注射針を「ヒューマログキット」の先端にはめると、ほとんど針の内側についているネジが回らないぐらいきつく、回すのに少し力が必要となる場合が多いです。私が年寄りだったらつらいかも。

今の(注射針の)箱(1袋14個入りが5袋入っている)を開けてからなので、多分注射針に原因があるのでしょう。

たまにこういう相性が悪い時があります。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

血糖値の動きは読めないよ
現在の私は、夜の血糖値の動きが非常に推測しにくい状態です。

【血糖値の動き】
(ケース1)
2005/11/18  0:01 : 151
2005/11/18  2:50 : 115
2005/11/18  7:32 : 230

(ケース2)
2005/11/19 23:33 : 212
2005/11/20  2:33 : 162
2005/11/20  7:06 : 106


どちらの日も、23~0時の間にランタスを10単位注射しています。共に夜更かししていますが、間食はしていません。日中の動き方もそんなに変わらないと思いますが・・・

就寝前血糖値が高い日の方が、翌日の朝食前血糖値は低いのですから・・・


*ブログのタイトルを「DMいろいろ」から「IDDMいろいろ」に変更しました。
このブログではあまり2型DMについて記述していないからです。ただ、2型DMで利用できる記事もあると思いますが・・・
ランタスいろいろ
昨夜から就寝前のランタスの注射する時間を元に戻しました
私は前からわかっていましたが、ランタスにも少しピークがあります。
昨夜はちょっと夜更かしして、血糖値のチェックしてみました。

昨日からの血糖値で見てみると、
2005/11/16 23:20 : 247 ランタス10単位注射
2005/11/17  2:30 : 163
2005/11/17  7:30 : 199

2:30まで起きていました。この時点で少し空腹感がありました。昨日はたいして動いていないので、この位で済んでいるのだと思います。


ランタス関連でもう一つ。私の話ですが・・・

2回打ちを初めてまだ約1ヵ月のためか、ときどき朝食時に注射するのを忘れます。
今日の昼食前、300近くまで上昇したので何事かと考えたら、朝にランタス打っていませんでした。私の中ではまだ習慣になっていないみたいです。(Nやランタスの就寝前1回打ちが約9年間続いていたので)

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

やめようと思います
私がやめようかと思っているのは 「このブログ」

ではなく、
間食でもなく、

就寝前のランタスの注射する時間を遅くしていることです。

翌日の朝食前の血糖値が高い事が多いので、元の時間に戻します。
昨日と今日の朝食前血糖値は300台でした。
一昨日の就寝時にはヒューマログ1単位打ったのですが、逆効果で血糖値が100以上上昇していました。

そのかわり、ランタスで低血糖にならないよう早めに寝なければなりませんが・・・
インターネットする時間を少し削る事にします。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

昔の話(6) 退院して残りの中学校生活
昔の話(6) 1990/11~1991/03 退院して残りの中学校生活

退院してすぐに低血糖の嵐に見舞われました。インスリンの注射量が病院での生活リズムにあわせてあったからです。1週間後の退院後の初外来までに7日のうち4日で午前中に低血糖症状が表れました。当時は自分でインスリンの注射単位数を変えるのはプラスマイナス2単位までしか主治医から許可されていなかったので、初外来で朝食前18単位、夕食前10単位となりました。初外来の2日後には軽い風邪で発熱して再び外来へ行き風邪薬をもらいました。その後1週間ぐらい食前血糖値が120前後のところ200台が続きました。

前にも書きましたが高校受験がありませんから、学校生活は何とかやっていました。高校受験があれば、ストレスで血糖値が上がっていたかもしれません。担任の先生など学校には病気の事を話してありましたが、クラスの友達には同じクラブの一部の人以外にはほとんど話しませんでした。

退院後も定期検診は4週間に1回ペースでした。年が変わって1991年になるとハネムーン期に入ったのかインスリン注射量が減少してきました。1月末頃には朝食前12単位、夕食前2単位でも就寝前に低血糖が起こる日もありました。ちなみに、この頃の朝食前と夕食前血糖値の平均はどちらとも120前後でした。(血糖測定は1日2回でした。)
2月も朝食前12単位、夕食前6単位と記録してあります。
3月に入るとハネムーン期が終わったようで、朝食前18単位、夕食前10単位に戻りました。そして、無事に中学校を卒業しました。
ちょっと遅らせています
最近1週間ほど、就寝前のランタスの注射時間を布団に入る間際まで遅らせています。

今までは23時過ぎに血糖測定をしてすぐにランタスを注射していたのですが、その後午前1時近くまで起きていてインターネットタイムになっている事が多いので、昼間に運動をしているとその間にランタスの効果が出現してくる事があるのです。ひどい時は就寝前に低血糖症状が現われる事もあります。

それで就寝前のランタスの注射時間を遅らせる事にしたわけですが、問題がひとつ・・・

朝食前の血糖値が高い事です。
原因は23時にランタスを打つ時より、ランタスを打つ時の血糖値が高くなっているから。午前0時を過ぎれば、夕食前に打ったヒューマログの効果もほぼ消えてしまうので・・・

ここ1週間でやっとこの事に気づいたので、今日からは血糖測定の時間も遅くして、高い時にはヒューマログを1単位打つ事で対応しようかなと思っています。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

昔の用具(2) グルコスター
私が初めて手にした血糖測定器が「グルコスター」です。
現物が手元に残っていないので、昔の血糖測定記録用紙の裏にあった広告の画像です。

グルコスター(広告)
グルコスターの広告

簡単に使用方法を述べると、記録紙に血をたらしてスタートボタンを押します。30秒経過する時に合図があるので、記録紙をティッシュペーパーで軽く拭いて表面に残っている血を吸い取り、20秒以内に測定器に差し込むといった機械でした。

ティッシュペーパーによる記録紙の拭き取り方が私には難しく、強く拭くと記録紙の表面がはがれてしまい、血糖値が低く表示されました。
定期検診
今日は月に1回の定期検診に行ってきました。普段病院へは路線バスを使うのですが、バスに間に合わず自転車で行く事に。(10分もかからないけれど)

先月受けた血液検査の結果を聞くと、HbA1cは先月より-0.4%で7.8%になっており、先月の私の予想に反して下がっていました。
(管理人の過去のHbA1cの値はhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kyomi/iddm/hba1c.htmlにあります。)
今回は前半の血糖コントロールがまあまあ、後半は前半に比べるとやや悪いと感じているので、来月の予想も「変わらない」としておきます。

朝食2時間後の血糖値が高いので、ヒューマログの単位数を+3単位して16単位にしてみようという事になりました。
そして最後に主治医が言ったのは「(dreamj1)さんは自分で考えてできるから」
私、信用されていますねぇ~。結構間食とかするのですけれど・・・

診察後に血液検査を受けました。先週の木曜日が文化の日で診察が休みだったので、普段なら2~5人待ちのところが約40人待ちで約40分待ち、だる~。
内容はいつもと同じでコレステロール関係と血漿血糖・HbA1cで計2本、8ml採血されました。

自転車で病院へ行ったので、帰りに寄り道して紅葉の名所「南禅寺」に寄ってきました。
(画像はもう一つのブログ「dreamj1のひとりごと」にあります。リンク集からどうぞ。)


(*ひとりごと:今月は、3日おきの更新になっているなぁ~。)

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

1型糖尿病の発症率って・・・
昨日(2005/11/06)の早朝、歌手の本田美奈子さんが急性骨髄性白血病で亡くなられました。
今日のニュース番組や芸能ニュースでは、白血病について取り上げている放送局も多かったです。
そのニュースで知ったのですが、「白血病」の発症率は人口10万人当たり約6人だそうです。私は白血病についてほとんど知識はありませんが、「血液のガン」とも呼ばれていますから『それ位の発症率なんだ』と思ったのです。

そこで気になったのが、私の持病である「1型糖尿病」の発症率です。大手検索サイトで検索したページを読んでみると、発症率は人口10万人当たり約1.5人と書いてありました。改めて『そんなに少ないの?』と感じました。

どちらの病気も、現在の医学では完全に治癒する事は難しいようです。
でも発症率は1型糖尿病の方が低く患者数が少なくても、白血病の5年生存率は20~90%(タイプによって異なるらしい)だそうですから・・・

1型糖尿病の5年生存率については調べませんでしたが、100%にかなり近いはずです。何も治療しなければ1週間も生存できないかもしれませんが、インスリン注射さえすれば、5年生存している事は難しい事ではないです。私は16年生きているのだから。糖尿病で怖いのはやっぱり合併症です。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

久しぶりだなぁ~
久しぶりだな、ここまで血糖値下がったのは。

2005/11/03の低血糖
2005/11/03夕食後の低血糖


私の場合、低血糖の症状は70台で出てくる事が多く、50台で必ず気づいて補食するのでここまで下がるまで何もしない事は珍しいのです。いつもよりちょっと気づくのが遅かったかな?
ちなみに低血糖の原因は昼食の時間が遅く、夕食前のヒューマログを-3単位したもののそれでも下がりすぎたからです。

しかしこの後、今日の夕食前まで1回も血糖測定していない!
昨日は疲れていたし・・・でも単なるサボりです。慣れてくるとこんなものです。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

最近サボり気味
ランタス2回打ちにも慣れてきて、昼食前と夕食前の血糖測定をあまりしない日が多くなってきた。
低血糖は起こっていないし、「ま、いいか」という感じ。高血糖の方はわからないが・・・、特別のどが渇くという事は無い。

10月後半に2回、1日の血糖値の動きを見るために食後の血糖値を測定する日を作ったので、測定チップの節約という意味もあるのだが・・・

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。