IDDMいろいろ
1型DMとバセドウ病の持病を持つ管理人のブログ
カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

dreamj1

管理人:dreamj1
プロフィール画像は
朝焼けをバックに撮影した京都タワー〔京都市〕です。
(2008/09/15撮影)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お買物は・・・

RSSフィード

月別アーカイブ(機能停止中)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日に思った事(1)
今月のどこかには私の誕生日がありました。

誕生日を迎えて思った事は、

以前にも似たような事を記事にしていますが
「よく生きてこられたなぁ」という事。

今年、父からのお祝いの言葉は上の言葉でした。

インスリンという物質が発見されていなかったら(インスリンが注射で補えなかったら)、
今年の誕生日なんて迎えられなかったでしょう。

毎年、
・誕生日 (9月)
・発病発覚記念日 (1月)
・インスリン注射開始記念日 (10月)
の年3回ぐらいはこういう事を思います。

スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

定期検診
今日は定期検診に行ってきました。

先月のHbA1cは7.9%と前回より0.2%下がりました。
2ヶ月で0.8%下がりました。特に努力した事は無かったのだけれど...
この1ヶ月は血糖値が乱高下していた事が結構あったので、来月はどうなるかな?
(管理人の過去のHbA1cの値はhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~kyomi/iddm/hba1c.htmlにあります。)

今日の診察室の話題は先月に続き「インスリンポンプ」の話。
診察室には下の画像にある、使用法や体験談などが書かれた約30枚綴りのプリントが用意されていました。

説明プリント
インスリンポンプについての説明プリント

まだ説明プリントにしっかり全部目を通していないのですが、
基礎や食後,追加打ちのインスリン注射量は細かくプログラムできるようです。
そして、支払う医療費は少しだけ増えるようです。

やっぱり一番のネックは、インスリンの投与量を決定する約3週間の入院かな?
「入院が3週間で終わる訳がない」と思っているから。
(前回、現在通院している病院に入院した時(3回目の入院)は、3~4週間の予定が6週間だったので。)

気分的には外堀からだんだん埋められている感じです。
でも、「替えるのもありかな?」と思い始めているのも事実です。

記事投稿:2006/09/22 00:52:52

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

たるんでいるなぁ~
今日の夕食時の話。
食前に血糖測定したら、「67」でした。
そのまま注射して食事したら、低血糖症状が出て必要以上に食べてしまいそうだったので、注射は食後にする事に。

・・・

また、忘れてしまいました。

・・・

気付いたのは少し口が渇いてきた2時間後。

自己嫌悪に陥っています。

最近、このブログで書く事は失敗話ばかりだなぁ...


記事投稿:2006/09/15 00:19:04

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

今回はあまり参考にならない?
今夜NHK総合テレビで放送された「ためしてガッテン」で、「糖尿病」を取り上げていたので、ビデオで録画しつつ、開始15分後位からは生でも視聴しました。

今回の放送内容の中心は「隠れ糖尿病」だったので、
1型DMの私にはあまり参考になる情報はなかったという感想です。

ところで、
後半のコーナー「自己測定器で血糖測定するだけで下がった」に参加していた2人のうちの男の人、空腹時血糖値が271mg/dlぐらい、実験でHbA1cが11.2%→10.6%になったと放送されていました。
でも、「実験に参加するのもいいけれど、短期間でもインスリン注射して早く治療した方がいいのではないの?」と感じたのは私だけ?

私の場合、血糖測定で高い数字ばかり見ていると、イライラしたり不機嫌になるからなぁ~。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。