IDDMいろいろ
1型DMとバセドウ病の持病を持つ管理人のブログ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

dreamj1

管理人:dreamj1
プロフィール画像は
朝焼けをバックに撮影した京都タワー〔京都市〕です。
(2008/09/15撮影)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お買物は・・・

RSSフィード

月別アーカイブ(機能停止中)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の話(5) ついに・・・2回目の入院、そしてインスリン注射開始
昔の話(5) 1990/10/19~1990/11/7 ついに・・・2回目の入院、そしてインスリン注射開始

1990/10/18の定期検診で尿中にケトン体が出ており、「食事療法だけでコントロールするのは無理になったのでインスリン注射をした方が良い」と言われ、2回目の入院する事になりました。
1990年4月には44kgあった体重も39kg台までダウンしていました。入院して毎食前に血糖値を測定するように言われました。

そして1990/10/23からインスリン注射を始めました。「ノボペン2」をもらって使い方を看護士(当時は看護婦)さんから習い、注射を始めました。最初は怖くて躊躇した事を覚えています。ちなみにインスリン製剤は「ペンフィル30R」、注射部位は腹部に皮下脂肪が全く無かった事から左右の太ももにしました。

インスリン注射を始めてから1週間、学校に行き始めるとインスリンの注射量が変わるだろうという事で、学校に1日だけ試験的に登校しました。
今だから話しますが、外出許可をもらった時に菓子パン4個くらい食べて高血糖になり点滴を打ってもらいました。(その時の血糖値は「600」ぐらいだった。) それだけ食事療法にストレスを感じていたということです。

試験登校した1週間後に退院となりました。退院時の注射量は「ペンフィル30R」を朝食前が24単位、夕食前は14単位となりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dmdiary.blog26.fc2.com/tb.php/49-8c3c6984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。