IDDMいろいろ
1型DMとバセドウ病の持病を持つ管理人のブログ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

dreamj1

管理人:dreamj1
プロフィール画像は
朝焼けをバックに撮影した京都タワー〔京都市〕です。
(2008/09/15撮影)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お買物は・・・

RSSフィード

月別アーカイブ(機能停止中)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/14のテレビ番組「きらっといきる」の感想
他のDM患者さんのブログなどでも紹介されていましたが、先週の土曜日(14日)夜にNHK教育テレビで1型糖尿病の小学生を取材していた番組(「きらっといきる」)がありました。

当日生放送は都合で見られず、ビデオ録画も他の番組の録画をしていたので、月曜日(16日)の朝の再放送をビデオ録画して見ました。
既に他のブログなどで、色々感想についてのコメントを読んでしまってたので、先入観が少々入った状態で見ることとなりました。

番組の感想を簡単に書くと、

取材対象の患者さんが血糖値が15~500台と激しく変動していたので、「いったいどのインスリンをどのくらい打っているのだろう?」ということが一番気になりました。テレビではRを3回注射しているようでしたが・・・
私の母が「子供は日によって動く量が大きく違うからあれだけ変動するのでは」と言っていました。「血糖値の変動が大きくて、お母さんが血糖値のコントロールに苦慮されているな」と思いました。
私は中学生時代に病気になったのですが、ここまで血糖値は70~350ぐらいの間で変動していました。但し、使用していたインスリンは「ペンフィル30R」ですけれど。

又、他のブログでも書かれていましたが「食事量(摂取カロリー)が少ないかな」と思いました。私の場合は結構自由で「2200kcalぐらいまではOK」でした。当時の食事療法に基づいて「バランスよく食べるように」とは言われていました。最近は超速効型インスリン「ヒューマログ」などのおかげで食事量に応じて注射する事ができるようになったので。

後は、「小児糖尿病」と言う病名についてなぜ使ったのかな? 確かに字でわかりやすく15年ぐらい前は普通に使われていましたが、最近は使われていないから。

以上、私なりの感想でした。

(投稿:2006/01/18 19:28:34)
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://dmdiary.blog26.fc2.com/tb.php/84-93f4f7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。